水痘(みずぼうそう)
ホーム予防接種 > 水痘(みずぼうそう)
下層バック画像01

● 水痘(みずぼうそう)

水痘帯状疱疹ウイルスによっておこる感染力がたいへん強いVPDです。多くの場合それほど重くなりませんが、無視できない数の子どもが重症になり、毎年10名以上が死亡していると考えられています。麻疹(はしか)と同様に空気感染もあり、どこで感染するかわかりません。
米国では定期接種で2回受けますが、日本では任意接種で接種費用が自己負担のため接種率が40%と低く、毎年100万人くらいがかかっています。

みずぼうそうは生後すぐにかかることがありますが、とくに多いのは生後6か月から4歳頃です。保育園でかかることも多く、そうなると保護者が仕事を一定期間休む必要も出ます。
● 症状や経過
ふつう2~3週間の潜伏期の後に、熱が出て、体に虫さされのような赤い斑点が出てきます。1日くらいでそれが水ぶくれになって、全身に広がります。強いかゆみもあります。熱は数日でおさまって、水ぶくれの所も黒いかさぶたがつくようになり、7日くらいでおさまります。ただし、熱が出ない場合もあれば、高熱が続く場合もあります。
● 重症になると
軽いと思われるみずぼうそうですが、脳炎や肺炎、皮膚の重い細菌感染症など多くの合併症が知られています。日本でも、約3,000人が重症化し、10人以上が毎年みずぼうそうで死亡しています。特に重症になりやすいのは、1歳前、7~10歳以上、アトピー性皮膚炎など皮膚の病気のある人などですが、健康な子どもや大人も重症になるのが問題です。
● 予防は?
みずぼうそう(水痘)ワクチン(任意接種・生ワクチン)で予防します。1歳すぐで1回、1回目の接種後3か月たったら2回目を接種するのがおすすめです。地域によっては公費助成がありますので、お住まいの自治体にお問い合わせください。
◆ みずぼうそうと帯状疱疹
みずぼうそうと帯状疱疹は、共に水痘・帯状疱疹ウイルスが原因でおこります。みずぼうそうはこのウイルスにはじめて感染したときにおこる病気の姿です。一方、帯状疱疹はみずぼうそうにかかったことのある人の免疫力が下がったときにおこる病気の姿です。一般的には大人、高齢者の病気です。とりわけ、帯状疱疹後におこる神経痛は激しいことも多く、その人は一生苦しむことになってしまいます。
みずぼうそうにかかって体中で増えたウイルスは、みずぼうそうが治っても体内から消えてしまうのではありません。息を潜めるように、その人の神経細胞の中で静かに生き続けています。そして、その人の免疫力が下がった時に、知覚神経(痛みを感じる神経)を傷つけながら伝わって、再び皮膚に出る(すなわち、帯状疱疹を起こす)タイミングを、今か今かと狙っているのです。
今では帯状疱疹そのものや、後の神経痛を少しでも軽くするために、みずぼうそうにかかったことのある高齢者に対しても、米国でも、日本でもこのワクチンが使われるようになってきているのです。このことを是非ご家族に伝えてください。
繰り返しますが、みずぼうそうは重い病気ではないように思われていますが、多くの合併症があり、死亡者から重症者まで意外に多くいるのです。そのため米国では2回の義務接種になっているくらいです。ぜひワクチンを接種してください。

※「Know VPD」より引用    

ウインドウを閉じるボタン

下層バック画像02