診療案内
ホーム > 診療案内
下層バック画像01

● 初めて診療を受ける方へ

当クリニックでは、患者さん、医師とのコミュニケーションを重視しております。 初診時には、現状に至るまでのお話を伺い、患者さんに合わせた診療方針をお伝えし、納得して頂いてから診療に入らせて頂きます。 受診の際に、疑問や不安、または、ご要望がある場合は、遠慮なくおっしゃって下さい。
※現在、他の医院や病院にかかっていて、処方されているお薬がある方は、お持ちください。

●来院に必要な物 … 保険証・診察券 (再診の方・ご家族でお持ちの方(ご家族で1枚発行しております))・乳幼児医療証


● 処置・検査

当クリニックでは、お子さんの様々な病気に対応できるよう、設備を整えています。
  • ● 吸入、吸引

    喘息の時の吸入、鼻汁の吸引、鼻の吸入をすることが出来ます。
  • ● レントゲン・心電図

    必要に応じて検査致します。
  • ● 血液検査

    クリニック内で至急に炎症反応を測定することが出来ます。
  • ● 至急検査

    溶連菌、アデノウイルス、インフルエンザウイルス、ロタウイルスの検査は15分ほどで結果が出ます。
  • ● 視力検査

    乳児から検査ができます。

● 診療科目

  • 小児科一般 小児科一般
  • ■ 新生児から思春期まで小児一般幅広く診察、子ども達が成人するまで見守ります。
    日本では、一般的に小児科受診年齢は中学生までとなっておりますが、単に習慣にすぎず、身体的・精神的にいまだ成長・発達の過程にある思春期の青少年が成人するまで、生まれた時から見守ってきた小児科医が継続的に診るのはごく自然で必要な事でもあります。生育医療の観点から、成人するまでしっかり見届け、その後、成人の各専門分野に紹介致します。
    アレルギー相談も承っておりますのでお気軽にご相談下さい。
  • 予防接種・健診 予防接種・健診
  • ■ 各種予防接種・健診を承っております。

    予防接種の詳細はこちらをご覧下さい。

    健診について

    ◎4ヶ月・10ヶ月健診(要予約)… 奈良市の4ヶ月・10ヶ月健診を行っています。(公費)
    ◎1歳までの月ごとの健診(自費)
    ◎入園・入学前の健診(自費)
    ※詳しくは受付にてお尋ね下さい。

  • 眼の検診 眼の検診
  • ■弱視、近視、遠視、不同視など乳児期から検査し発見することができます。

    詳細はこちらをご覧ください。

  • 小児はり 小児はり
  • ■ 夜泣き、疳の虫など、こども特有の症状でお困りの方はご相談下さい。
    小児はりは、針を刺すのではなく、身体の皮膚に刺激を与えるだけのものですので、痛くありません。初めは2~3日通っていただきますが、後は週に1~2日で効果が出ます。
  • おっぱい
    マッサージ
    おっぱいマッサージ
  • 産後おっぱいの調子が思わしくない、産院が遠くて通えない、兄弟がいて大変という方は、当クリニックにご相談下さい。 診察の上、おっぱいマッサージをうけていただくことが出来ます。詳しくは受付にてお尋ね下さい。
  • 永久脱毛 おっぱいマッサージ
  • 中学生以上のお子様、お母さんの脱毛をいたします。(男性は受け付けておりません)
    最近、中学生・高校生の女子は大変おしゃれになっています。夏には肌を出す機会も多くなります。また、テニス部・水泳部・バスケ部など、部活でも露出が増えます。そこで悩むのがムダ毛処理です。 この様なお悩みを解消するために、当医院では永久脱毛器を導入しました。
    詳細はこちらをご覧ください。

 

● 治療方針

  • ■ 一時赤ちゃんから離れなければならない場合はお預かりします。
    赤ちゃんは、ちょっと目を離した隙に、事故につながってしまう場合があります。
    例えば当クリニックでトイレをご使用される場合など、どうしても赤ちゃんから一時離れなければならない時は、赤ちゃんをお預かりしますので遠慮なく受付までお声をおかけ下さい。
  • ■ 当クリニックでは、無駄なお薬は処方しないようにしています。
    その代り、必要なお薬はしっかり飲んでいただきたいと思っています。
    その為に、患者さんに飲みやすい形状、水薬、散剤、錠剤、座薬などをお聞きして、なるべく苦くないお薬を選んでいます。
  • ■ 抗生物質の使用をひかえています。
    抗生物質を乱用すると、耐性菌ができ、本当に使用したい時に効かなくなったり、アレルギー反応を示すお子さんも増える可能性があるため、当クリニックでは、抗生物質の使用をひかえています。
  • ■ 漢方薬の処方を致します。
    当クリニックでは、一般的なお薬に加え、漢方薬の処方も行っています。
  • ■ 子ども達一人ひとりに合わせた治療を致します。
    家庭環境などによっても治療方針はことなります。お母さんと相談しながら、お子さんのことを考えたいと思います。
下層バック画像02